昭好のユニフォーム管理システムが選ばれる理由

昭好のユニフォーム管理システムが選ばれる理由

昭好では、業界に先駆けて1990年代にはユニフォーム管理システムを作成し、2005年には、今では主流と成りつつあるWEBを利用したユニフォーム管理システムをいち早く開発し発売するなど、常に業界の先駆者として第一線を走り続けています。そして、2013年に新たにシステムを再構築し『ラベンリ』を発表しました。常に時代の変化に対応しながら進化を続けてきた昭好のユニフォーム管理システムが、今までなぜ数多くのお客様に選ばれてきたのかをご説明したいと思います。

1.他社にはない専門性

他社にはない専門性昭好はユニフォーム管理のスペシャリストとして、20年以上にわたりユニフォーム管理だけを専門に取り扱っています。他社のユニフォーム管理システムは、リネン管理や物流管理から派生したシステムがほとんどですが、昭好ではユニフォーム管理専門に扱っているため、実際の運用に基づいたシステムを構築することが可能です。また、管理に必要なバーコードラベルも自社で開発することによって、お客様とのかかわりを深めることが出来、より多くのフィードバックを得ることで、ユニフォーム管理の知識と経験を蓄積しています。

2.運用体系に合わせたご提案

運用体系に合わせたご提案ユニフォーム管理システムには様々な使い方があり、使用するユーザー様によって必要な機能は変わってきます。同じリネンサプライヤー様でも、工場の規模により管理方法は変わってきます。またシステムを使用してユニフォームレンタルを行う場合も、リネンサプライヤー様とアパレルメーカー様では必要な機能は変わってきます。それらすべてを1つのシステムで賄おうとすると、必要ではない機能があり、非常に扱いにくいものとなってしまいます。昭好ではそういった要望に応えるため、システムをパッケージ化して必要な機能だけを使えるようにしているため、お客様の運用体系に沿ったご提案を行うことができます。

3.万全のサポート体制

万全のサポート体制昭好ではユニフォーム管理に精通したサポート専門のスタッフが常駐しています。担当者が休んでしまい、使用法が分からくなってしまったり、意図しないエラーが発生した場合でもすぐにトラブルに対応することができるため、安心していつでもシステムをご利用いただくことができます。

4.個人情報に配慮したセキュリティ体制

個人情報に配慮したセキュリティ体制近年、個人情報の漏えいやデータの改ざんなど、セキュリティ対策に注目が集まっています。昭好の最新のユニフォーム管理システムのラベンリでは、すべての通信を暗号化しているため、通信傍受によるデータ漏洩の心配はありません。サーバーは、専用ファイアーウォールを設置しており、不正侵入を防止しています。WEBのデータは、閲覧制限、機能制限を持ったログインIDで管理しているため、不要なデータへのアクセスや、不正なデータ変更を制御することが出来ます。

5.初期費用が掛からないレンタル方式

初期費用が掛からないレンタル方式様々なユーザー様にシステムをご提供させていただいておりますが、ご提案を進めていく中で、管理している案件の一部の顧客のみ、システムが必要なケースが多々ありました。そういったお客様では、特定の顧客のみにシステムの費用として数百万円もの金額を投資することは難しくなります。そこでラベンリでは、システムの費用を従量課金制のレンタルとすることで、初期投資を抑え少数の顧客でもシステムを導入しやすい環境をご用意しています。
まとめ

このように昭好では、ユニフォーム管理を行う数多くのお客様と接してきた実績があります。これによって培われた経験からユニフォーム管理に最適なご提案をさせていただいています。様々な業種・業態のお客様からのご要望にも応えられる体制を整えていますので、ユニフォーム管理でお困りの場合はお気軽にお問い合わせください。

ユニフォーム管理システムの詳しい説明はこちらをご覧ください。

製品に関するご相談やお見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

事業一覧

一覧へ