ICタグの導入を成功させるためのポイント

ICタグの導入を成功させるためのポイント

ICタグや電子タグ、RFタグなどと呼ばれるRFIDを使用した製品・サービスが近年急速に普及してきています。日本では主に交通系ICカードや電子マネーなどで使われており身近に感じられる物になっています。ICタグの出初めのころはタグやリーダーの値段が高いこともあり、先進的な企業や数がさばける大企業など一部の企業だけの採用にとどまっていました。近年では価格が当初よりも下がってきたことや、導入時のノウハウが蓄積され技術が成熟してきたことにより様々な業種・業態での採用が増えています。昭好ではその中でも衣類に直接取り付けて洗濯をする『耐洗ICタグ』に特化した商品を展開しており、これまで様々な企業様でユニフォーム管理・洗濯管理の専門家としてICタグ導入のお手伝いをしてきました。その中で培われた経験からICタグの導入を成功させるためのポイントをご説明させていただきたいと思います。

バーコードとの違い

ICタグ導入を検討されている企業様のほとんどは今現在バーコードを使用して商品の管理を行っていると思います。バーコードからICタグに運用方法を変更することによっておこるメリットとデメリットをご紹介します。

メリット① 見えなくても読み取ることができる

これがバーコードと最も大きく違うところです。見えなくてもいいので取り付け場所の自由度が上がり、ICタグを隠ぺいして取り付け利用者にはICタグが取り付けられていることを知られずに運用することも可能です。また、袋や段ボールなどの箱に入っている状態でも読み取ることができ、バーコードのように取り付け場所を探す必要もなくなります。

メリット② まとめ読みができる

バーコードは1枚ずつしか読み取ることはできませんが、ICタグは100枚以上でも一括して読み取ることが可能です。このため作業性が大幅によくなり作業時間の短縮や人員の削減を行うことができます。

デメリット① 価格が高い

以前よりも価格が下がったとはいえバーコードと比べるとICタグもリーダーも高価です。特に洗濯用途で使う耐洗ICタグは、洗濯に耐えられるように加工が必要なためどうしても高価になってしまいます。

デメリット② まとめ読みの精度が100%ではない

まとめ読みできることがICタグのメリットですが、読み取りの精度を100%にすることはできません。リーダーやアンテナの性能がよくなり読み取り率はかなり上がってきていますが、100%の精度にすることは現在の技術では不可能です。

デメリット③ 誤読する可能性がある

ICタグは電波を使用している関係上、アンテナの読み取り範囲内にあるタグはすべて読み取ってしまいます。必要以上に距離の飛ぶICタグを使用していると読み取り対象ではない関係ないタグまで読み取ってしまう可能性があります。また、電波は金属を通さず反射してしまうため、アンテナの裏側にあっても読み取ってしまうこともあります。

よくある勘違い

ICタグについてはまだまだ勘違いされていることも多々あります。その中でも代表的なものをご紹介させていただきます。

①ICタグは万能である

よく勘違いされているのはICタグはすべての問題を解決してくれる万能なスーパーアイテムだと思われていることです。上記にあるようにICタグには様々なデメリットがあり導入には克服しなければいけない課題がいくつもあります。

②データベースとの連携

これもよく勘違いされていることですが、ICタグに個人情報やトレーサビリティ情報を記録することはほとんどありません。おそらくこれは広く普及していて目につきやすい交通系ICカードが改札で乗車データを読み込んで運賃を読み書きしているためICタグの運用方法がそういったイメージで広がってしまったのだと思われます。しかしながら実際はICタグ製造段階で記録されている個体識別番号とデータベースの情報を紐づけて運用することがほとんどです。ユニフォーム管理用に取り付けたICタグが読み取られると個人情報の漏洩になるのではないかと懸念されることがよくありますが、個人情報などはすべてデータベースに保存されているため、タグ単体を読み取っても個人情報が漏洩することはありません。

ICタグ導入の課題

ICタグには大幅な作業効率の改善が見込める一方、様々なデメリットもあります。デメリットの影響が大きく導入を見送った企業様も多いと思います。弊社の経験からICタグを導入するにあたって課題となることをいくつか紹介させていただきたいと思います。

取り付ける場所の問題

ICタグ自体はほとんどの物に取り付けることができますが、取り付けるときに注意点があります。ICタグの特性上、金属と接触もしくは近くに金属がある場合読み取ることができません。衣類に取り付ける場合は金糸や銀糸など金属を使った糸が使用されていると読み取ることが非常に困難になります。また針金ハンガーなど金属性のハンガーを使用される場合、タグがハンガーに接触していると読み取りが困難になります。

アンテナの設置

ICタグは電波を使用するためノイズの影響が受けやすくなっています。工場内にアンテナを設置する場合は近くにインバーター等ノイズを発生するものがあると読み取りにくくなってしまうため、ノイズの対策を施す必要があります。また、近くをICタグのついた商品が通ると誤読してしまう可能性があるため誤読防止の対策も必須になります。アンテナの設置がICタグの運用を軌道に乗せられるかどうかの肝になる部分なので、設置には十分な経験とノウハウが必要となります。

タグの選定

ICタグは種類がたくさんありどれを選べばいいのかわからないと思います。耐久性や電波の飛ぶ距離、価格など選定には様々な要素が絡んできてしまいます。知識のない企業の担当者様では選定が困難になり最終的に価格だけで決めてしまう場合があります。その場合いざ導入してみるとタグのサイズが大きすぎたり、耐久性がなかったり後々余計な出費を生んでしまう可能性があります。

導入のポイント

ICタグの導入には様々な課題があり、メリットだけを追いかけて知識のないシステム会社などとシステムを構築してしまうと、導入した後に『思っていたのと違う』や『使い辛い』などといったトラブルを生んでしまいます。
ICタグの導入に当たって色々記述させていただきましたが最も大事なことは、実際の業務内容を十分理解した上で、システム全体として使用されるお客様に最も適した運用を行う必要があります。ICタグはシステム全体でみれば一つの要素でしかありません。場合によってはバーコードの運用のほうが良い時も有ります。運用を検討される場合は自社業界にしっかりと精通した業者をパートナーとして選ぶ必要があります。
昭好では長年ユニフォーム管理・洗濯管理の専門家として様々な企業様にICタグを導入させていただきました。その中で様々な失敗も経験し残念ながら導入に至らなかったケースもあります。しかしながらその中で蓄積された経験やノウハウが今の技術を支えています。弊社には『自動認識基本技術者』の資格を持ち、耐洗ICタグの研究開発やリーダー・アンテナの開発を経験してきた技術者も在籍しているため様々な技術的アドバイスをさせていただくことも可能です。ICタグの運用をご検討の場合はぜひ昭好にお声がけください。

耐洗ICタグの詳しい商品説明はこちらをご覧ください。

製品に関するご相談やお見積もりなどお気軽にお問い合わせください。

事業一覧

一覧へ